賃貸物件を退去するなら|原状回復対象外のケースを知っておこう

作業者

テナント返却時の注意

ヘルメット

解体工事の種類

事務所やお店をたたんでテナントを返却する際、内装解体工事や原状回復、原状復帰、スケルトン仕上げなどがオーナーから要求される場合があります。これらの工事方法の違いについて分からずに戸惑う人もたくさんいますので、テナント契約や退去時には、事前にそれぞれの特徴を把握しておきましょう。まず内装解体工事とは、テナント内の内装を解体・撤去して内装を空の状態に戻すこと言います。テナント契約後に運び入れた諸設備などを運び出す作業などを行います。原状回復工事は、テナントを借りた当初と同じ状態に戻す作業のことを言います。内部の解体と修繕が必要です。つまり、内装解体工事は原状回復の作業の一部ということになります。なお、原状回復と原状復帰は同じ意味をあらわします。原状回復は法律用語、原状復帰は建設用語ですので、状況によってふたつの言葉が使い分けられています。スケルトン仕上げの場合は、柱や壁、屋根などの建物を構造しているものだけを残して、他はすべて解体します。鉄筋コンクリート造りの建物であれば、コンクリート打ちっ放しの状態に戻すことになります。テナント契約時に物件がスケルトン状態であった場合、原状回復することとスケルトン仕上げをすることは同じ意味になります。なお、テナントを返却する際は、基本的に原状回復を求められることが多くなっています。契約時や退去時には契約内容をよく確認しておく必要があります。このように、内装解体、原状回復・原状復帰、スケルトン仕上げにはそれぞれに違いがありますので、特徴を覚えておきましょう。