賃貸物件を退去するなら|原状回復対象外のケースを知っておこう

作業者

引っ越しをする前に

工事

費用が発生するケース

みなさんの中には、賃貸物件に居住している方もいることでしょう。引越しをする前に現状復帰のことについて把握して、敷金の返却を有利に進めましょう。賃貸契約を結んで不動産を借りた場合、一般的に契約には現状復帰の項目が含まれています。貸借人は、物件から退去するときに部屋を借りる前の状態にしておかなければいけません。壁紙や畳の張替え等がこれに当たり、敷金からこの費用は差し引かれる場合が大半です。ですが、経年劣化としてみなせる、入居者の通常利用で発生した室内の損耗に現状復帰の義務は生じません。普通に生活をしていても部屋は時間の流れとともに経年劣化を起こしていきます。また、家具を配置することでカーペットや床、畳のへこみ、痕が付き、テレビや冷蔵庫等の背後は電気ヤケを起こすこともあります。それに、室外から日光が差し込むので、壁紙や畳、フローリングは変色は避けられません。くわえて、長年の使用で備え付けの設備や機器も機能が低下します。これらのことで起こる劣化は賃借人に責任はありません。しかし、入居者の怠慢で発生した損耗には現状復帰の義務が生じます。飲み物や食べ物をこぼしてきれいにクリーニングせずに残ってしまったシミや汚れ、掃除を怠っていたために生じた壁や床に生じたカビ、色落ち、変色などがこれに当たります。また、不注意によりつけてしまった傷や破損箇所なども原状復帰で直さなくてはいけません。これら、人為的なことが原因で生じた損耗は経年劣化とはみなされません。このように、経年劣化によるものは費用を支払う必要はないので引越しの予定のある方は、不動産屋に原状回復費のことについて質問して内訳を確認し、疑問に思うところは問いただしてみると良いでしょう。